Category Archives: 未分類

風邪とインフルエンザ


体調悪そうな女の子風邪とインフルエンザの違いについてご説明します。せきや熱、のどの痛みなどは共通しています。インフルエンザが風邪と大きく異なるのは、突然高熱が出ることです。関節痛や筋肉痛といった全身症状が強く出るのも、インフルエンザの特徴です。風邪は一年中かかりますが、インフルエンザにかかりやすい時期は、例年11月から12月頃に流行し、1月から3月頃にピークとなります。毎年冬になると、クリニックの内科で診療する人が増えます。

風邪の場合は2日から3日で治る傾向にありますが、インフルエンザの方は完治するまでに7日から10日ぐらいかかります。インフルエンザの原因菌はインフルエンザウイルスによるものですが、風邪の方はその他のウイルスとなります。

クリニックの内科でインフルエンザと診断されたら、症状を改善するために抗インフルエンザウイルス薬を服用します。抗インフルエンザウイルス薬で、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。インフルエンザを発症後、抗インフルエンザウイルス薬を服用すれば、発熱がおさえられます。薬を服用しながら、自宅療養が必要になります。1週間ほどでインフルエンザの症状は、徐々に改善されていくでしょう。


関連サイト<関内 クリニック
└横浜関内にある内科クリニックのサイトです。

急性感染症


急性感染症とは、症状の進行が早い赤痢や腸チフスなどが該当します。インフルエンザもまた、急性感染症のひとつです。急性感染症とセットで語られるのが、慢性感染症です。慢性感染症は、発症後の経過がゆるやかなものを指します。梅毒のような感染後に潜伏期間があるものは、慢性感染症に入ります。

診察急性感染症は症状の進行が早いため、早急な対処が必要になります。急性感染症には、さまざまな種類がありますから、すぐにクリニックで診察を受けましょう。まずは、内科を受診することになります。新型インフルエンザなどは、通常の季節性のインフルエンザと違い、原因菌が異なるために免疫を獲得していない人が多く、全国的に広がるものがあります。クリニックを受診するタイミングが遅れれば、命を落とすおそれもあるでしょう。

クリニックの内科で急性感染症と診断されたら、他人にうつす可能性があることから学校や会社などを休まなくてはなりません。インフルエンザの感染経路は、せきやくしゃみとともに放出されたウイルスを他人が吸い込むことによって起こる「飛沫感染」です。ほかに、ウイルスが付着したものにふれた後で、目や口などをさわることで感染する「接触感染」の2種類があります。

つづいて風邪とインフルエンザの違いについて説明していきます。

クリニックの内科診療


風邪だと思っていたらインフルエンザで高熱が出て、クリニックの診察を受けることになる場合があります。インフルエンザは重症化すると、肺炎や脳炎などにかかるおそれがあるため注意が必要です

薬インフルエンザウイルスは、風邪に比べて体内で増殖するスピードが速いため、症状が急速に進行します。高熱が出たら単なる風邪と軽く考えずに、早めにクリニックの内科を受診しましょう。インフルエンザは発症後、すぐに適切な治療を受けることが大切です。クリニックの内科では診察後、抗インフルエンザウイルス薬を処方しますから、薬を飲んで自宅で安静にするようにアドバイスを受けます。抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に使用しなければ効果が発揮できないと言われています。ただし、発症してすぐだと、体内で増殖したウイルスの数が少なく、インフルエンザにかかっていても反応が出ないこともあるようです。クリニックにかかるタイミングが重要です

インフルエンザにも個人差があり、軽症の人と重症の人がいます。内科で重症と診断された場合は、肺炎や脳症などと合併する場合もありますから、くわしい検査を受けることになります。インフルエンザの症状を早く治し、ほかの人にうつさないようにするためにも、自宅で安静にして休養を取る必要があります。感染を避けるために、電車などの人ごみや繁華街への外出を控えるようにしてください。学校や会社などを休んでかまいません。無理をして登校や出社してほかの人にうつすと、学級閉鎖のような状態になる可能性もあります。