クリニックの内科診療


風邪だと思っていたらインフルエンザで高熱が出て、クリニックの診察を受けることになる場合があります。インフルエンザは重症化すると、肺炎や脳炎などにかかるおそれがあるため注意が必要です

薬インフルエンザウイルスは、風邪に比べて体内で増殖するスピードが速いため、症状が急速に進行します。高熱が出たら単なる風邪と軽く考えずに、早めにクリニックの内科を受診しましょう。インフルエンザは発症後、すぐに適切な治療を受けることが大切です。クリニックの内科では診察後、抗インフルエンザウイルス薬を処方しますから、薬を飲んで自宅で安静にするようにアドバイスを受けます。抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に使用しなければ効果が発揮できないと言われています。ただし、発症してすぐだと、体内で増殖したウイルスの数が少なく、インフルエンザにかかっていても反応が出ないこともあるようです。クリニックにかかるタイミングが重要です

インフルエンザにも個人差があり、軽症の人と重症の人がいます。内科で重症と診断された場合は、肺炎や脳症などと合併する場合もありますから、くわしい検査を受けることになります。インフルエンザの症状を早く治し、ほかの人にうつさないようにするためにも、自宅で安静にして休養を取る必要があります。感染を避けるために、電車などの人ごみや繁華街への外出を控えるようにしてください。学校や会社などを休んでかまいません。無理をして登校や出社してほかの人にうつすと、学級閉鎖のような状態になる可能性もあります。