風邪とインフルエンザ


体調悪そうな女の子風邪とインフルエンザの違いについてご説明します。せきや熱、のどの痛みなどは共通しています。インフルエンザが風邪と大きく異なるのは、突然高熱が出ることです。関節痛や筋肉痛といった全身症状が強く出るのも、インフルエンザの特徴です。風邪は一年中かかりますが、インフルエンザにかかりやすい時期は、例年11月から12月頃に流行し、1月から3月頃にピークとなります。毎年冬になると、クリニックの内科で診療する人が増えます。

風邪の場合は2日から3日で治る傾向にありますが、インフルエンザの方は完治するまでに7日から10日ぐらいかかります。インフルエンザの原因菌はインフルエンザウイルスによるものですが、風邪の方はその他のウイルスとなります。

クリニックの内科でインフルエンザと診断されたら、症状を改善するために抗インフルエンザウイルス薬を服用します。抗インフルエンザウイルス薬で、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。インフルエンザを発症後、抗インフルエンザウイルス薬を服用すれば、発熱がおさえられます。薬を服用しながら、自宅療養が必要になります。1週間ほどでインフルエンザの症状は、徐々に改善されていくでしょう。


関連サイト<関内 クリニック
└横浜関内にある内科クリニックのサイトです。